多汗症克服道場

多汗症にお悩みの方、多汗症の予防や治療を考えている方に、多汗症の基礎知識や体験談、気をつけていただきたいところ、を中心に多汗症の総合情報を提供しています。
次項有多汗症克服道場はこちら

多汗症は、病気ですが、痛みがあるわけでもなく、病気とはいえない病気。本人の気持ち次第といった部分の多い病気です。

しかし、多汗症の程度によっては日常生活に苦痛を与えるものとなり、当事者にとっては楽観できない問題でもあります。

たとえば、多汗症によって大量にかいた汗がにおうようであれば、人前に出ること事態が苦痛に感じたり、
人と、握手をするときにも手のひらにじっとり汗をかいていれば、多汗症本人も握手される側も不快に感じます。

適切な多汗症対策をおこなって、日常生活を多汗症を気にしなくてもよい快適な生活に変えて生きましょう。

次項有多汗症克服道場はこちら
posted by 美ビューティー at 13:48 | 美容関連リンク集

ワキ脱毛でワキ美人!美ワキになりたい!

ワキ脱毛をこれから始めたい方、興味がある方向けのワキ脱毛総合情報サイト

ワキ脱毛でワキ美人!美ワキになりたい!はこちら

みなさんはワキの下のお手入れ、どうしていますか?

ムダ毛1本1本「抜く」、それとも「剃る」、それとも「放置」?
自分で行ったり、エステに通ったり。
いろいろな方法があります。

その中で、仕上がりがもっともキレイになるのが「抜く」こと。
ワキ脱毛です。
ワキ脱毛は、気になるワキの毛を毛根から抜いて処理しますので、
お手入れの後はツルツルのワキの下が手に入ります。

もっとも安全で見た目の良いワキ毛処理の方法ではないでしょうか。

腋毛(わきげ)とは、わきの下の毛のことですが、そもそもこの腋毛(わきげ)はどうして生えているのでしょうか。

「毛は大切なところを守るために生えている」と昔教わった記憶があります。
髪の毛は頭、まつげや眉毛は目、ならば腋毛(わきげ)はワキの下を守るため?

もちろん、体のどの部分も大切ですが、実は腋毛(わきげ)にはちょっと違った役割があるようなのです。

それは本来、動物の生殖に深くかかわる「ニオイ」を発するワキの下に深く関係してくるのです。

腋毛(わきげ)と「ニオイ」。なんとなくうなずけるような気がしますね。
posted by 美ビューティー at 15:15 | 美容関連リンク集

わきがは治る!わきが治療のススメ

わきがにずーっと悩んでいたとしたら・・・良かった!いい情報を提供できます

わきがは病院の治療で治る時代になりました。そう、わきがは治るんです。
わきが治療・予防法・対策をわかりやすくまとめた、わきがの総合情報サイト

わきがは治る!わきが治療のススメ
はこちら

わきがとは?

人はみんな誰でも汗をかくと思います。
特にわきの下は、汗腺が多く、ほかの場所に比べて汗もかきやすいものです。

わきがとは、わきの下の汗が独特の臭いを放つことをいい、
臭汗症(しょうかんしょう)や、腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれたりもします。

わきがは体質であって病気ではないと、言われる医者もいるようですが、
わきがは厚生労働省にも病気として認められており、健康保険の対象となっています。


だれしも、体臭を持っていてまったくにおいのしない人などいません。
日本人はにおいに敏感で、自分のにおいを気にしすぎて、
わきがではないのに自分はわきがだと思っている人も多いようです。(体臭恐怖症と呼ばれます。)

また逆に、わきがの人でも、自分でわきが体質だということを認識できない人もいます。
これは、軽いわきがの場合や、逆に、とても強いわきが臭で臭覚がそのニオイに慣れてしまうからです。

よくわきの下から、たくさん汗をかく人もいますが、これは、わきがではなく、多汗症です。


ただ、臭いというのは感覚的なもので、人によって感じ方もさまざまです。
ただの体臭や汗臭い感じをわきがと思う人もいるようですがこれはわきがではありません。
人に不快感を与えてしまうような重度なわきの臭いに限り「わきが」と呼びます。
posted by 美ビューティー at 13:31 | 美容関連リンク集
美容トップページへ