ナイスボディーは「なわとびのおかげ」イム・ジョンヒ

関連写真画像 5枚・毎日1時間以上のなわとびで体型を維持している歌手のイム・ジョンヒ(Lim Jeong-Hee)。(c)韓国日報

【10月5日 韓国日報】歌手のイム・ジョンヒ(Lim Jeong-Hee)は2日、テレビ局でのインタビューで「体型維持はなわとびのおかげ」と話した。その抜群の歌唱力はすでに韓国で認められているが、米国では天賦の音楽センスのほか、セクシーなルックスも注目され、話題になっている。そのナイスボディーの秘訣は毎日1時間以上続けているなわとびだった。

 イム・ジョンヒは「なわとびを趣味で始めてから、自然にダイエットができて体が引き締まりました。5キロほど減量できました」と話している。彼女がなわとびを通じて得たものは魅力的なボディーだけではなかった。代表的な有酸素運動であるなわとびで、歌手の生命ともいえる肺活量値を上げた。呼吸が一段と深く長くなり、歌にも自信がついたという。     

 所属事務所の関係者は「イム・ジョンヒはなわとびをすることで呼吸が深く長くなり、歌にも自信がついた。韓国に帰ってきてもなわとびを続けたいと話している」としている。

 イム・ジョンヒはデビュー2年で米ヒップホップ界の大物アウトキャスト(Outkast)のメンバーであるビッグボーイ(Big Boi)が運営するラフェイス・レコード(LaFace Record)とCD制作の契約を結んだ。ビックボーイはイム・ジョンヒが8月に韓米を行き来しながらレコーディングをしたサードアルバムのタイトル曲『愛に狂えば』のラップやそのミュージックビデオにも参加している。彼女は3か月間の国内活動を経て、再び米国に戻る予定だ。(c)韓国日報
posted by 美ビューティー at 10:05 | セルライト・ボディケア
美容トップページへ